« 神無月二十四日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十六日に詠める歌 »

2005年10月25日

神無月二十五日に詠める歌

雲流れ一夏咲きて終はり行く白き木槿にすすきたなびく

==========================

お天気が続いているが、日が暮れてから曇って、明日は曇りのち雨になるという。週末にかけて、天気はぐずつくらしい。

秋が深まり、薄の穂がますます光ってきた。そのそばで、夏中咲き通したムクゲの白い花が、辛うじてまだ開いているが、夏ほど大きな花ではない。

明日は最高気温でも 17度程度にしかならないと言っている。秋はどんどん深まっている。

ムクゲが咲かなくなったら、そろそろ紅葉の季節だろう。去年は猛暑と台風の塩害で、まともな紅葉が見られなかったが、今年は大丈夫だろう。

|

« 神無月二十四日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十六日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十五日に詠める歌:

« 神無月二十四日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十六日に詠める歌 »