« 神無月十八日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十日に詠める歌 »

2005年10月19日

神無月十九日に詠める歌

過ちて刈り落としたる茎の先ペパーミントは清かに薫る

==========================

台風は急激に弱まって、東の海上に抜けていったらしい。空気がだんだん乾いてきた。

我が家の裏手の土手も、じめじめしていた土が乾いてきて、サンダルで歩いても快適だ。

先日の町内会一斉草刈りで、土手際の雑草もきれいに刈り払われた。さすがに 10月に入ると、次から次に生えてきたりすることもなく、さっぱりしている。

フェンスの近くには、庭から広がったペパーミントが生えている。雑草と一緒に刈ってしまった部分もあって、そこからはミントの香りが立ちのぼる。

ミントやタイムが生えているところには、ヤブ蚊が寄りつきにくいのだそうだ。だんだん増やしていこうと思う。

|

« 神無月十八日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十九日に詠める歌:

« 神無月十八日に詠める歌 | トップページ | 神無月二十日に詠める歌 »