« 神無月七日に詠める歌 | トップページ | 神無月九日に詠める歌 »

2005年10月 8日

神無月八日に詠める歌

夜通しの大粒の雨去りたれば緑を映す流れ戻りぬ 

========================

夜中から明け方まで降った雨のおかげで、裏の小川に水量が戻った。

昨日まではほとんど流れない水が、あぶくをつくって淀んでいたが、これで、川面に土手の緑が映るようになった。

草むらではコオロギとスズムシが、ひねもす鳴いている。

そうかと思うと、ムクドリの大群がエサを漁りに押し寄せていて、電線にずらりと並んで止まっては、キュルキュルとうるさく鳴いているところもある。

世間では三連休だそうだが、私は今日の午前中と明日終日は、仕事である。それ以外の時間帯も、原稿を書き進めなければならない仕事があるので、結局休みなしだ。

|

« 神無月七日に詠める歌 | トップページ | 神無月九日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月八日に詠める歌:

« 神無月七日に詠める歌 | トップページ | 神無月九日に詠める歌 »