« 霜月十三日に詠める歌 | トップページ | 霜月十五日に詠める歌 »

2005年11月14日

霜月十四日に詠める歌

霞みたる景色の奥の観覧車一回り分秋進みたり

========================

仕事上のアポイントを一日間違えていて、あやうく穴を開けるところだった。遅刻したが、泥縄で間に合い、何とかなった。

危ない、危ない。これから気をつけよう。

大急ぎでアポイントの場所に向かう途中、電車の中から撮った写真である。雨は降らないが、遠くの景色が霞んで見える。

春霞とは違い、秋の霧は冷え冷えとしている。

|

« 霜月十三日に詠める歌 | トップページ | 霜月十五日に詠める歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 霜月十四日に詠める歌:

« 霜月十三日に詠める歌 | トップページ | 霜月十五日に詠める歌 »