« 師走二十九日の歌 | トップページ | 平成十七年大晦日の歌 »

2005年12月30日

師走三十日の歌

世の中の大がかりなる音止みて日溜まりにゐる年の瀬の猫

============================

昨日あたりまでの強風がおさまって、今日は小春日和である。

年末年始ということで、川の拡幅工事も一休みで、ブルドーザーや行き交うダンプトラックの音もなく、静かな年の瀬だ。

我が家の黒猫が、土手ので日向ぼっこをしている。二階の窓から呼ぶと、こちらを振り向いたが、またすぐに向こうを向いて日を浴びている。

この写真は、デジカメの光学三倍ズームで撮ったものをさらにフレーミングしたので、ちょっと粗い感じがする。

風が収まったので、故郷の酒田も少しは吹雪から解放されたのかと思ったが、日本海の低気圧が発達しているので、今夜から明日にかけて、また暴風雪だそうだ。こんなことは何十年ぶりかだ。

寒波が息切れするのを待つばかりである。

|

« 師走二十九日の歌 | トップページ | 平成十七年大晦日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走三十日の歌:

« 師走二十九日の歌 | トップページ | 平成十七年大晦日の歌 »