« 師走十九日の歌 | トップページ | 師走二十一日の歌 »

2005年12月20日

師走二十日の歌

引越しの終わりたる夜の雪明り慣れぬ角度で街眺めをり

==========================

実家の引越し、ほぼ四日がかりで終了。

今日は冷蔵庫、洗濯機などの大物家電と電話、そして最後の最後に残った細かなものを新居に移動した。

新居の中は毎晩遅くまで整理していたし、向かいに引越しということなので、段ボール箱に詰め込むこともなかったので、今日の晩御飯まではかなり片付いた。

寝たきりの母は、二日間、介護施設に泊まってもらい、先ほど、新居に帰ってきた。認知症なので、はっきりとはわからないようだが、新居は住み心地がよさそうだ。

気づいたら、外はとっぷりと日が暮れている。雪明かりで、真っ暗にはならない。

|

« 師走十九日の歌 | トップページ | 師走二十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十日の歌:

« 師走十九日の歌 | トップページ | 師走二十一日の歌 »