« 師走一日の歌 | トップページ | 師走三日の歌 »

2005年12月 2日

師走二日の歌

縮緬の如く散りたる銀杏の葉師走二日は和歌ログ記念日

============================

師走二日である。ということは、私がこの和歌ログを開始した記念日である。

初めはおもしろ半分に立ち上げた楽天のブログで、ネタに困って 「歌でも詠むか」 と軽い気持ちで始めたのだが、それからあっという間に二年が過ぎた。

それから、途中で楽天を閉じて、「知のヴァーリトゥード」 のサブサイトとして引っ越し、さらに、年明けて一月二十二日に、今のサイトとして独立した。だから、この日は 「独立記念日」 である。

さらに、和歌日記の部分をココログに移行したのが、その年の七月以降である。最近は楽天ブログの方にバックアップ用のミラーとして、同じ内容の和歌日記を載せている。

こうしてみると、この和歌ログもちょっとした変遷を経ているわけだ。

和歌ログを始めた日の最初の和歌が、落ち葉を詠ったものだったので、以後、この日は落ち葉を詠み込むことに決めている。

去年の紅葉は、風台風が多く上陸したせいで散々だったが、今年は少しはきれいである。ただ、日陰に散った葉は、縮緬のように縮んでいる。

|

« 師走一日の歌 | トップページ | 師走三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二日の歌:

« 師走一日の歌 | トップページ | 師走三日の歌 »