« 師走二十八日の歌 | トップページ | 師走三十日の歌 »

2005年12月29日

師走二十九日の歌

ブラックとカラーのインクのカートリッジ余分に備へ賀状印刷

============================

平成十七年もいよいよ押し迫ってしまった。忙しくて書く暇がなかったのだが、ようやく年賀状を買ってきて、印刷作業にとりかかった。

今年の年賀状は枚数がとても少ない。喪中の知らせがかなり多く来ているからだ。

親が亡くなったという知らせが多い。我々の世代の親は、そろそろ八十歳前後になったので、いつ亡くなってもおかしくない。ついにそんな年代になったということだ。

ところで、自分の手で年賀状の宛名書きをしなくなって、多分、二十年ぐらいになる。初めのうちは、ワープロ専用機 「OASYS」 で宛名だけを自動印刷し、文面の方は 「プリントごっこ」 で印刷していたように思う。

文面まで画像入りで印刷し始めたのは、Windows 3.1 のパソコンを購入した平成六年からのようだ。ということは、葉書の裏表をパソコンで印刷するようになってから、既に十一年である。

コンピュータの話で十一年前からといえば、もう 「ずっと前から」 と言っているのと同じである。そういえば、和歌ログも 「ずっと前から」 続けているような気がしているが、まだ三年目に入ったばかりなのだ。

|

« 師走二十八日の歌 | トップページ | 師走三十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十九日の歌:

« 師走二十八日の歌 | トップページ | 師走三十日の歌 »