« 師走六日の歌 | トップページ | 師走八日の歌 »

2005年12月 7日

師走七日の歌

改札の結界越しに雪の舞ふ異界の様を見る上野駅

========================

今日は締め切りに追われて忙しいので、先日上野駅で写した写真を使わせていただく。

上野駅というのは、いかにこ洒落たお化粧直しをしようとも、何となく哀愁が漂う。とくに広小路口から入って、正面の改札口越しに北に向かう列車のホームを望むと、その感覚が増幅される。

クリスマスが近いので、大きなクリスマスツリーが立っているが、それがますます雪深い北国を連想させてしまう。

天気予報をみると、実家のあたりは毎日雪がちらついているようだ。その景色が、改札口越しに見えるような気がする。

|

« 師走六日の歌 | トップページ | 師走八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走七日の歌:

« 師走六日の歌 | トップページ | 師走八日の歌 »