« 師走二十七日の歌 | トップページ | 師走二十九日の歌 »

2005年12月28日

師走二十八日の歌

皮のみとなりたる柿の枝にありついばみをりし鳥はいづこに

===========================

相変わらず青空と強風の関東である。ということは、庄内の地は相変わらず雪模様なのだろう。

この頃、庄内 Cam で酒田のリアルタイム映像を見るのが日課になってしまった。いつ見ても白い景色である。天気予報のページを見ると、一日中氷点下のようだ。

昨日、妹が酒田から長距離バスで仙台まで行き、そこから東北新幹線で東京に辿り着いたようだ。途中の峠越えでは、ガードレールより高い積雪の上を走り、窓の真下に川が流れるのを見て、ヒヤヒヤしたらしい。

翻って、筑波の里は日が輝いている。

近所の柿の木にはまだ赤い実が付いているように見えるが、近寄ってみると、皮ばかりだ。中の果肉は、鳥たちについばまれてがらんどうである。がらんどうになっているだけでなく、既に萎んで唐辛子みたいになっているのもある。

|

« 師走二十七日の歌 | トップページ | 師走二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 師走二十八日の歌:

« 師走二十七日の歌 | トップページ | 師走二十九日の歌 »