« 睦月二十六日の歌 | トップページ | 睦月二十八日の歌 »

2006年1月27日

睦月二十七日の歌

雪解けの瀬に立つ鷺はじつとして動かずさらに日も傾かず

===========================

060127

上空の寒気が東に抜けたとやらで、久しぶりにやや暖かい一日だった。東京では気温が十二度まで上がったという。

しかし、次の寒気がすぐに来てしまっているようで、明日はまたもや寒くなるらしい。

冬型の気圧配置が続いているので、日本海側は相変わらず雪のようだ。庄内 Cam さんの映像を見ても、酒田は、白い部分がまたしても増したような気がする。

一方、筑波の里では、雪解け水で小貝川の水かさがちょっとだけ増したようだ。一羽の白鷺が、さざ波の中で佇んでいた。

少しずつ日が長くなっている。光の春といわれる二月も、もうすぐだ。

|

« 睦月二十六日の歌 | トップページ | 睦月二十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月二十七日の歌:

« 睦月二十六日の歌 | トップページ | 睦月二十八日の歌 »