« 睦月三十日の歌 | トップページ | 如月一日の歌 »

2006年1月31日

睦月三十一日の歌

何物かこび付きたるを溶かすごと乾ける街に雨はそぼ降る

==========================

31_4

昼前から小糠雨が降ってきた。朝は案外暖かかったが、それから気温はほとんど上がっていないようだ。

昼に神田の街に食事に出たときは、傘が必要かどうか、微妙な降り方だった。実際に、傘をさしている人とささずに歩いている人は、半々ぐらいの割合である。

先週は雨ではなく雪で交通機関が混乱したが、このくらいの雨ならば、歓迎だ。乾ききった空気にちょうどいい湿り気を与えてくれる。

昨日の段階では、明日は一日中雨と言っていたが、今日になったら、午後には止むという予報に変わっている。いずれにしても、いいお湿りである。

|

« 睦月三十日の歌 | トップページ | 如月一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月三十一日の歌:

« 睦月三十日の歌 | トップページ | 如月一日の歌 »