« 睦月二日の歌 | トップページ | 睦月四日の歌 »

2006年1月 3日

睦月三日の歌

坂東の西北の空をびつしりと埋めて千切れて雲は飛ぶなり

============================

関東は二日ぶりの青空だが風は強い。今日まで休みらしい工事現場の旗が、ちぎれんばかりにはためいている。

ということは、故郷の酒田は吹雪である。毎年この季節に青空を見ると、故郷の冬の厳しさの方が思いやられる。

先ほど、庄内 Cam さんのリアルタイム画像を覗いたら、山居 Cam の映像は雪がこびり付いて見えず、新橋 Cam は、吹雪の吹く様が見えた。朝日 Cam はすっぽりと雪の中である。

厳しい寒波は昨日までほんの少しだけ中休みしたようだったが、今日からまた活発化しているようだ。

箱根駅伝は、昨日のような雨の中のレースではなかったが、日射しが強かったせいか、往路で一位、二位だった順天堂、駒沢の選手が脱水症状でフラフラになった。ここ数年ではまれに見るめまぐるしいレース展開だった。

早稲田は十三位。やれやれ。テレビを見ながら、思わず 「来年はラグビー部に走らせろ!」 なんて暴言を吐いてしまったのは、反省である。

|

« 睦月二日の歌 | トップページ | 睦月四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月三日の歌:

« 睦月二日の歌 | トップページ | 睦月四日の歌 »