« 平成十八年元旦の歌 | トップページ | 睦月三日の歌 »

2006年1月 2日

睦月二日の歌

久方の青空のぞく故郷をライブカメラで居ながらにして見る

============================

久しぶりで雨らしい雨が降っている。関東が雨ということは、故郷の庄内はそれほど荒れてはいないということだ。

庄内 Cam で酒田の様子をのぞいてみると、うっすらと青空が見えている。ちょうどいい中休みだ。これを境目に、この大寒波も少しは息切れしてもらいたい。

それにしても、居ながらにして故郷の様子を見ることができるというのは、本当にありがたい。

一転して、箱根駅伝は冷たい雨の中で激しい争いが繰り広げられた。山登りの第 5区を走った順天堂大学今井選手の走りは凄い。あの急坂をあの勢いで駆け抜けるとは、人間離れしている。

あっという間に抜き去られた選手は、一瞬、戦意喪失するだろう。

早稲田は往路 9位。私の在学中は総合優勝の常連で、その後もしばらくは、往路優勝だけは確保する意地を見せていたが、最近はシード権確保がやっとのようだ。有為転変の世である。

|

« 平成十八年元旦の歌 | トップページ | 睦月三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月二日の歌:

« 平成十八年元旦の歌 | トップページ | 睦月三日の歌 »