« 睦月九日の歌 | トップページ | 睦月十一日の歌 »

2006年1月10日

睦月十日の歌

朝ぼらけ思ひがけなき淡雪の消え行く様を見るぞ哀しき

==========================

目を覚ましたら雪が降っていた。天気予報では、この辺りまで雪になるとは言っていなかったので、少々驚いた。

とはいえ、屋根や土の上にうっすらと積もっただけで、道路には全然積もっておらず、交通の障害にはならない。

昼近くには雨になり、いつの間にか解けて消えてしまった。呆気ないものだ。雪国の人に聞かせたら、うらやましがられるだろう。

とはいえ、日が射さないので、気温はなかなか上がらない。冷たい一日になりそうだ。

今月から、某団体事務局を手伝わなければならなくなり、忙しくなりそうだ。和歌ログの毎日更新は続けたいところだが。

|

« 睦月九日の歌 | トップページ | 睦月十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十日の歌:

« 睦月九日の歌 | トップページ | 睦月十一日の歌 »