« 睦月十四日の歌 | トップページ | 睦月十六日の歌 »

2006年1月15日

睦月十五日の歌

光あれと宣りたる者は誰にあらず我が心なりこの暁に

=========================

暖かくなるという天気予報が、ようやく本当になった。今朝は所用があって早起きしたのだが、起きるのに何の苦労もなかった。

夜明け前に家を出て、車を走らせているうちに朝日が射し昇ってきた。

普段は寝坊なもので、夕日の写真を撮ることはあっても、朝日の写真はあまり撮ったことがない。昇る日も沈む日も、同じようなものなのだろうが、朝日はとても大きく見える。こんなにも大きかったかと思う。

最初にちらりと一番上の部分の光が見えてきて、だんだんと全体が見え始めるので、どんどん大きくなるように感じるのだろうか。

まるで、「光あれ」 との宣りごとを口にしたのは、自分であるかのような、途方もない錯覚にとらわれそうだ。

知人のご母堂の通夜にも出席したので、朝の景色を詠んだにもかかわらず、更新は夜中になってしまった。

このサイトの歌を 「男らしくて力強い」 と評してくれる方があったので、お調子者の私は、つい舞い上がって、こんな向こう見ずな歌を詠んでしまったのだった。

|

« 睦月十四日の歌 | トップページ | 睦月十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 睦月十五日の歌:

« 睦月十四日の歌 | トップページ | 睦月十六日の歌 »