« 如月五日の歌 | トップページ | 如月七日の歌 »

2006年2月 6日

如月六日の歌

露で曇る景色の遠く見ゆる日は家より出でて世に近づかむ

===========================

朝から底冷えのする寒さだ。昼過ぎから雪になるらしい。もしかしたら雨で済むかもしれないが、この寒さでは、多分雪だろう。

仕事場はエアコンの暖房をつけているが、暖気が上にばかりいくので、扇風機型のアーキュレーターをつけて、空気を循環させている。風の向きを微妙に調節すると、ようやく足元も暖まる。

階段の踊り場の窓ガラスは結露で曇り、昼近くになっても景色がおぼろだ。

この写真は網戸の引いてある側なので、まだましだが、網戸なしで外気にむき出しになっている方は、まだびっしりと結露していて、何も見えない。

これから少し用足しに出かける。体を動かして、血のめぐりをよくしなければ。

|

« 如月五日の歌 | トップページ | 如月七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月六日の歌:

« 如月五日の歌 | トップページ | 如月七日の歌 »