« 如月十九日の歌 | トップページ | 如月二十一日の歌 »

2006年2月20日

如月二十日の歌

雨降るとラジオの予報告ぐるうちにフロントガラスを濡らす雨粒

============================

朝方には晴れていたのだが、昼前から雨になった。天気予報は 「大雨にはならないが、だらだらと明け方まで降る」 と言っている。

仕事でさいたまに来ているが、何十年ぶりかで、出張先で本格的な雨が降った。まあ、さいたまでは 「出張」 とは言えないから、カウントしないでおこうか。

車で来ているので、昼食にファミレスを探したが、なかなか見当たらない。焼肉レストランがやたらに多いが、昼から焼肉を食う気にならない。

スーパーの駐車場に車を入れて、何か食べられるものを探したが、マックしかない。しかたなく、チーズバーガーセットを食べる。

我が家の周辺は車社会だから、スーパーには決まって大きな駐車場があるが、ここの駐車場はそれほど大きくない。自転車で買い物に来る人が多いようだ。交通の便がいいと、車は必要なくなる。

明日には天気が回復し、少しは暖かくなるらしい。

|

« 如月十九日の歌 | トップページ | 如月二十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月二十日の歌:

« 如月十九日の歌 | トップページ | 如月二十一日の歌 »