« 如月八日の歌 | トップページ | 如月十日の歌 »

2006年2月 9日

如月九日の歌

列島のサニーサイドを歩みつつ吹雪を耐ふる郷の思はる

===========================

昨日のうららかな陽気が消し飛んでしまって、今日は冷たい冬晴れだ。

街を歩く人はみな、肩をすぼめていかにも寒そうだ。木枯らしで頬が冷たい。

神田の街で、昼食をとりに行くとき、何気なしに日陰のサイドを歩いてしまった。帰りにふと気づいて、道の反対側を歩いてみると、さっきの身を切るほどの冷たさはない。

アメリカの昔の歌に "Keep the Sunnyside Up" というのがあることを思い出した。

自分は日本列島のサニーサイドに住むくせに、最近、思いはいつも吹雪の吹きつける庄内の地に飛んでいる。早く春になってもらいたい。

私は文語の歌を標榜しているくせに、「サニーサイド」 というカタカナ言葉を過去に二度使っている。

くつきりと影の際だつ朝なればサニーサイドをそぞろ歩かむ
 (平成十六年神無月二十三日)

願わくはサニーサイドを我行かん日陰に残る今朝の薄霜
 (同年師走二十七日)

それで、これが三度目になる。

|

« 如月八日の歌 | トップページ | 如月十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月九日の歌:

« 如月八日の歌 | トップページ | 如月十日の歌 »