« 如月十七日の歌 | トップページ | 如月十九日の歌 »

2006年2月18日

如月十八日の歌

節ごとに梅の蕾は膨らみて天地の春の接点を為す

========================

060218

空の半分が晴れ、半分がどんよりと曇っている。このぐらいの雲量では、天気は 「晴れ」 と表現する。

時折明るい日が射すが、風は冷たく、気温もそれほど上がっていない。明日からはずっと天気がはっきりしない状態が続くらしい。

とはいいながら、庭の梅の木は、蕾がそれとわかるほど膨らみ始めた。我が家の梅は超遅咲きで、こんな状態になってから、本当に咲き始めるまで、まだ一カ月ぐらいかかるのだが。

今日は妻の誕生日である。お祝いに、夕方から映画に出かけ、食事をする予定。それまでに、雨が降らなければありがたい。

ちなみに、酒田は今日も雪が降ったようだ。

|

« 如月十七日の歌 | トップページ | 如月十九日の歌 »

コメント

天地の接点をなす って とっても実感がこもります。
春を待つつぼみに風の一息がほしいところです。

投稿: 七彩乃風 | 2006年2月19日 19時52分

>天地の接点をなす って とっても実感がこもります。

漠然とし過ぎた表現かなと心配してましたが、
そう言って頂けると嬉しいです。
ありがとうございます。

投稿: tak | 2006年2月19日 21時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 如月十八日の歌:

« 如月十七日の歌 | トップページ | 如月十九日の歌 »