« 弥生四日の歌 | トップページ | 弥生六日の歌 »

2006年3月 5日

弥生五日の歌

おづおづと梅の蕾のいくつかの開き始めて冬過ぎたるか

==========================

060305

毎年今頃の時期、水戸の偕楽園に仲間達と観梅に出かけることにしている。今年は冬が寒かったせいで梅の開花が遅れていると聞いていたが、本当にその通りだった。

早咲きの紅梅でも四分咲きで、白梅にも写真のようにちらほらと咲きかけた花がある程度。そのほかは、ほとんどがまだ固い蕾でしかなかった。

「梅はどうだった?」 と聞かれたら、「大変結構な蕾を見物させていただきました」 と答えるしかない。例年ならば、今頃はかなりきれいに咲き誇っている時期なのだが。

偕楽園に観梅に出かけようというなら、多分、再来週あたりが見頃なのではなかろうか。桜の開花は早くなるということなので、梅と桜の満開が重なることだってあるかもしれない。

|

« 弥生四日の歌 | トップページ | 弥生六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生五日の歌:

« 弥生四日の歌 | トップページ | 弥生六日の歌 »