« 弥生二十九日の歌 | トップページ | 弥生三十一日の歌 »

2006年3月30日

弥生三十日の歌

庄内に高き白波寄する日も竹の秋こそ深まりにけれ

========================

060330

昨日から結構寒い風が吹いていて、東北の日本海側では、雪になっているらしい。庄内 Cam  さんの、山居 Cam では、港の防波堤の向こうは、かなりの高波になっているのが見える。

みちのくの春は、今になっても行きつ戻りつだ。

それに比べれば、寒の戻りで朝晩は冷えるとはいえ、関東の春は順調だ。取手駅近くの桜も、七分咲きになってきた。

その近所の竹林も、竹の表面が少しだけ黄色味を帯びてきている。春の季語である 「竹の秋」 が深まりつつあるということだろうか。

|

« 弥生二十九日の歌 | トップページ | 弥生三十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生三十日の歌:

« 弥生二十九日の歌 | トップページ | 弥生三十一日の歌 »