« 弥生八日の歌 | トップページ | 弥生十日の歌 »

2006年3月 9日

弥生九日の歌

流れても廻りてもなほ進まざる時の淀みのガード下なり

=============================

昨日はとても暖かったが、今朝辺りからはまた少し寒い。春は行ったりきたりしながら、結局は前に進んでいるようだ。

今日は一日中、神田にいる。昼食時に神田駅周辺をうろうろすると、この辺りは、一昔前のサラリーマンの街という風情だ。何となく新橋辺りと共通する。

ガード下は、何となく怪しげでさえある飲食店が連なり、その周りも狭い道の両側に飲み屋、鮨屋、薬屋、その他もろもろの小さな店がびっしりと並んでいる。

インテリジェント・ビルとか、複合商業施設とか、そういった流行の言葉にはまるで無縁の、のんきだが抜け目のない街である。

|

« 弥生八日の歌 | トップページ | 弥生十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 弥生九日の歌:

« 弥生八日の歌 | トップページ | 弥生十日の歌 »