« 卯月九日の歌 | トップページ | 卯月十一日の歌 »

2006年4月10日

卯月十日の歌

田を起こすエンジンの音聞こえ来て菜の花の黄と若緑萌ゆ

============================

060410

暖かかった昨日から一変して、冷たい風の月曜日。

こう寒暖の差が激しいと、いくら私でも風邪を引いてしまうと、自分を納得させている。その風邪も、医者の薬を飲み始めて三日目、かなりよくなった。

普段、薬を飲み慣れていない原始人体質のせいか、いつもよく効く。

外は寒いが、このところ忙しくて家の周りを散歩することもできなかったので、パーカを羽織って一回りしてみた。

いつのまにか、土手には菜の花が咲き始めている。いつも思うのだが、菜の花の黄色とその茎と葉の緑色は、とても華やかなのに目にやさしい。心を和らげてくれる。

川の向こうの田んぼでは、そろそろトラクターの音が響き始めた。

|

« 卯月九日の歌 | トップページ | 卯月十一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十日の歌:

» 菜の花がいっぱいです! [田舎暮らしは最高!!]
新聞に載っていたので、桜を見に行ったついでに菜の花も見てきました。 [続きを読む]

受信: 2006年4月13日 01時00分

« 卯月九日の歌 | トップページ | 卯月十一日の歌 »