« 卯月二十七日の歌 | トップページ | 卯月二十九日の歌 »

2006年4月28日

卯月二十八日の歌

水を引く田に降り注ぐ鳥たちの声の波間に白き蝶舞ふ

=========================

060428

本当に春らしい日になった。夜明け頃はまだ肌寒い気がしたが、日が昇るに連れてどんどん暖かくなった。

そよ風が肌に心地よく、今年の春には珍しいほどの、絵に描いたような春の日和である。

裏の川の土手を散歩すると、春というのは穏やかなようで、実は音に満ち溢れている。

田に水を引くせせらぎの音、ヒバリ、スズメ、ムクドリなどなど、様々な鳥の鳴き声、魚の跳ねる思いがけず大きな水音、耳のそばをかすめる虫たちの羽音などなど。それらの音が、織り重ねられるように、一体になって聞こえる。

カエルまで盛大に鳴き始めた。明日の夕方前からは雨になるらしいが、気の早いことだ。

今日はモンシロチョウの姿をようやく写真に収めることができた。一瞬のチャンスだった。

|

« 卯月二十七日の歌 | トップページ | 卯月二十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月二十八日の歌:

« 卯月二十七日の歌 | トップページ | 卯月二十九日の歌 »