« 卯月十六日の歌 | トップページ | 卯月十八日の歌 »

2006年4月17日

卯月十七日の歌

相模なる海に霞の立ち初めて大島の影おぼろなりけり

=========================

今日は熱海に日帰り出張。熱海まで来て、温泉にも入らず日帰りで帰ってしまうのは、いかにも惜しい気がするが、スケジュール上、仕方がない。そのうち、じっくりと温泉に入りに来ることにしよう。

熱海というところは、まさに海岸線ぎりぎりまで山が迫っている。海岸から少しでも離れると、急に上り坂になって、あっという間に標高三~四百メートルぐらいまで登ってしまう。

それだけに、高いところから海岸を見下ろすと、本当に景色がいい。

昨日までは曇りがちだったが、今日は晴れたので、その景色をしっかりと眺めることができた。晴れ男はこれだからありがたい。

ただ、海面が案外もやっていたので、伊豆大島はぼんやりと望めるだけだった。しかし、それも久しぶりで春らしい陽気になった証拠のようなものなので、贅沢を言ってはいけないだろう。

|

« 卯月十六日の歌 | トップページ | 卯月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卯月十七日の歌:

« 卯月十六日の歌 | トップページ | 卯月十八日の歌 »