« 皐月十七日の歌 | トップページ | 皐月十九日の歌 »

2006年5月18日

皐月十八日の歌

遥かなる酒田囃の鉦太鼓雪渓残る鳥海の峰

=====================

酒田に来ている。明日には帰るのだが、その明日が酒田まつりの初日である。残念である。

酒田まつりは、以前は山王祭といって、慶長十四年から一度も欠かさずに、毎年開かれてきた由緒ある祭りである。それだけに、酒田の街は今、少しだけハイになっている。

山王祭 (私にとっては、今でも 「山王祭」 だ) は、ここ三十年も見たことがないが、今でも酒田囃しの鉦と太鼓の音は耳の奥で鳴ることがある。祇園囃の 「こんちきちん」 に似た、単純な囃しである。

今日は朝からいい天気だ。薄雲がないわけではないが、五月の日差しはそれに負けずに照りつけて、外を歩くと首筋が焼ける気がする。

ところが鳥海山の方向を望んでも、くっきりとは見えない。かすみの彼方に、雪渓の白いまだらがぼんやりと見えるだけだ。やはり梅雨前線がそれほど遠くではないということだ。

鳥海山も、酒田囃しも、おぼろだが、私の眼の奥、耳の奥には、とてもはっきりと残っている。

|

« 皐月十七日の歌 | トップページ | 皐月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十八日の歌:

« 皐月十七日の歌 | トップページ | 皐月十九日の歌 »