« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »

2006年5月17日

皐月十七日の歌

去りし冬の雪解け残り行く影の月の山こそ静まりてあれ

==========================

朝につくばを発って、酒田に着いた。

関東は梅雨前線の影響でぐずついているようだが、東北は前線から離れているだけに、曇ってはいるが、さわやかさの感じられる天気だ。

途中、月山直下を通る通称 「六十里越え街道」 は、道の両側に雪がまだ残っていた。ゴールデンウィークを過ぎてもこんなに雪が残っているというのは、初めてみた。

この冬に、どんなに雪が多かったかというのがうかがわれる。

明日は梅雨前線が南下して、今日よりもいい天気になるらしい。私が行く先は、大抵いい天気になる。

問題は、台風一号だ。週明けの二十二日に広島に出張するのだが、その頃には台風が過ぎて、いい天気になっていると思うのだが、さて、どうなるか。

なお、「行く影の」 は月にかかる枕詞。

|

« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十七日の歌:

« 皐月十六日の歌 | トップページ | 皐月十八日の歌 »