« 皐月十四日の歌 | トップページ | 皐月十六日の歌 »

2006年5月15日

皐月十五日の歌

青空に若葉の映ゆる木に向かひ携帯電話のレンズかざしぬ

============================

060515

金曜日にケータイを洗濯機で洗ってオシャカにしてしまったので、新しい機種に買い換えたところ、カメラの画素が二百三十万画素もあるので、普段出歩くときには、これを使うことにした。

以前のは確か三十五万画素程度だったので、使い物にならなかった。昨年の五月六日に、デジカメを忘れて外出して、仕方なくケータイで撮影した写真を使った (参照) が、この時はかなりぼんやりしていた。

ところが、今度のはご覧の通り、さすがにくっきりと写るようだ。これなら、ちょっとした外出ならばデジカメをもつ必要がないので、ポケットを膨らませなくて澄む。

ただ、ケータイで写真を撮るという行為に慣れていないので、ちょっと写真が不細工になってしまった。木のてっぺんが切れてしまっている。

これから、外出先で写す写真は、慣れるまで (ただでさえ上手というわけでもないのに) かなり下手っぴいになるかもしれないが、しばらくの間、ご容赦願いたい。

今日の関東はさわやかな晴天。この晴天は今日限りで、明日からはまたぐずつくということらしい。ただし、明後日からは酒田に行くので、そっちの天気を調べたら、そんなに悪くはなさそうだ。ありがたい。

|

« 皐月十四日の歌 | トップページ | 皐月十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十五日の歌:

« 皐月十四日の歌 | トップページ | 皐月十六日の歌 »