« 皐月十三日の歌 | トップページ | 皐月十五日の歌 »

2006年5月14日

皐月十四日の歌

喘ぐ如く踏切を過ぐるディーゼルの客車の蛍光灯ぞ哀しき

==========================

今日は昨日と比べれば大分暖かかったような気がしたが、それは昨日が寒すぎただけのこと。まだ平年並みかやや低いぐらいの気温だったらしい。

日がとっぷりと暮れてから、車で家路を辿る。途中で関東電鉄というローカル私鉄の踏切を渡る。

この線は、今や日本一運賃の高い路線ということになっているらしい。なにしろ、電化されていないのである。だから、走っているのは、一見すると電車に見えないこともないが、よくみるとパンダグラフがない。

実はディーゼル・エンジンで動いているのである。

遮断機の降りた踏切で待っていると、彼方からいかにもディーゼル・エンジンらしいうなり声が聞こえてきて、ゆったりと通り過ぎる。蛍光灯の灯る車内は、人影もまばらだ。

|

« 皐月十三日の歌 | トップページ | 皐月十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十四日の歌:

« 皐月十三日の歌 | トップページ | 皐月十五日の歌 »