« 皐月一日の歌 | トップページ | 皐月三日の歌 »

2006年5月 2日

皐月二日の歌

小糠雨降る夕刻の駅前にやうやく灯る車の明かり

=======================

今日も都内に用があって出かけ、夕方に常磐線で取手駅に帰ってきた。

日が長くなったものである。雨模様の六時になっても、まだ明るさが十分に残っている。取手駅東口のデッキから見下ろしても、行き交う車がようやく少しずつヘッドランプを灯し始めた頃だ。

晴れていたら、もっと明るいだろう。昨日と比べて、気温は十度以上下がったが、それは昨日が暑すぎたからで、これでも十分に初夏を思わせた。

とはいえ、夕方になると、さすがに少しだけひんやりする。だが、明日からはまたいい陽気になりそうだ。明日と明後日は、私も少しだけのんびりできそうだ。

|

« 皐月一日の歌 | トップページ | 皐月三日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月二日の歌:

« 皐月一日の歌 | トップページ | 皐月三日の歌 »