« 皐月十八日の歌 | トップページ | 皐月二十日の歌 »

2006年5月19日

皐月十九日の歌

稲筵久慈川沿ひの葦原に季節外れの案山子立ちゐぬ

=========================

昼前に酒田を発って、夜、つくばの我が家に着いた。途中、山形道を抜けて東北道に出たあたりから、雨がぱらついてきた。

天気予報では、雨は夕方から降るはずだったのに、ちょっと早まったようだ。カーラジオで聞く仙台発の東北放送は、楽天対巨人戦が流れそうという話でもちきりだった。

写真は、福島県の塙 (はなわ) というところにある道の駅から、裏手を流れる久慈川を望んだところ。真ん中に立っている白いものは、季節外れの案山子である。

明日からは週末だが、私は予定がびっしりだ。今日はゆっくりと寝て疲れを取ろう。

なお、稲筵 (いなむしろ) は川にかかる枕詞。

|

« 皐月十八日の歌 | トップページ | 皐月二十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 皐月十九日の歌:

« 皐月十八日の歌 | トップページ | 皐月二十日の歌 »