« 水無月十五日の歌 | トップページ | 水無月十七日の歌 »

2006年6月16日

水無月十六日の歌

梅雨空の白き皐月に限りなく幽かなるかな紅のけはひは


060616

昨日の午後からずっと雨が降り続いて、ようやく梅雨らしい空模様になった。

我が家の裏の空き地には、向かいのご主人が植えてくれたサツキの花が咲いている。私はサツキとツツジの区別がつかないのだが、どちらも同じ仲間であることに変わりはないらしい。

なんでも、ツツジはもう花の時期が終わってしまっていて、今頃咲くのはサツキだと思っていればいいということだ。なるほど、今日は旧暦で言えば五月二十一日だから、サツキが咲くのは道理である。

サツキの花びらに、雨粒がついて、いかにも梅雨らしい風情なので、思いっきり接近して写真に収めてみた。

白い花にうっすらと紅色がさしている。こういうのを、「けはひ」 というのだろう。化粧のことも、古くは 「けはひ」 と言った。「気配」 というのは当て字なのだそうだ。

ところで、明日は久留米に出張である。昨日までの天気予報では、久留米地方には傘のマークがついていたが、今日になると、曇りマークになっている。晴れ男の私が行くので、雨が遠慮してくれているのだろうか。

誠にありがたいことである。

|

« 水無月十五日の歌 | トップページ | 水無月十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月十六日の歌:

« 水無月十五日の歌 | トップページ | 水無月十七日の歌 »