« 水無月二十三日の歌 | トップページ | 水無月二十五日の歌 »

2006年6月24日

水無月二十四日の歌

週末の郊外の夜の空晴れて広き駐車場の端より歩きぬ


関東は珍しいことに、週末にお天気になった。その代わり、週明けからはずっと梅雨空が続くらしい。

所用で水戸方面まで出かけ、日が暮れてから常磐道を南下して戻ってきた。途中、学園都市でコーヒーとサンドイッチの休憩。

久し振りの天気に恵まれたウィークエンドになったので、ショッピングセンターのさしもの広い駐車場も、満車直前の込み具合である。ずいぶん離れたところに車を停めて、とぼとぼ歩いて店に入った。

コーヒーショップには、豆を挽いたいい香りが漂っている。ワールドカップのグループリーグで惨敗したショックも一日で癒えてきたようで、店内は楽しげな会話が弾んでいる。

|

« 水無月二十三日の歌 | トップページ | 水無月二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月二十四日の歌:

« 水無月二十三日の歌 | トップページ | 水無月二十五日の歌 »