« 水無月二十八日の歌 | トップページ | 水無月三十日の歌 »

2006年6月29日

水無月二十九日の歌

夏の日に溶け込む午後のビル街に動く人影ただ一つ見ゆ


夏空である。先週末頃までは、週間天気予報をみると、今週半ばはずっと曇りと傘マークばかりだった気がするが、全然外れてしまっている。

外に出ると、暑いことは暑いが、あまり湿気はない。本当に梅雨ではないみたいな陽気である。

梅雨入り前の方がずっと梅雨らしかったような気がするが、こんな具合に日照時間が増えてくれる方が、野菜が値上がりせずにすむ。ありがたいことである。

来月に熊本県の人吉に出張することが決まった。一昨年の七月にも行っていて、また来たいものだと思った記憶がある。その時に、青井阿蘇神社の蓮の花を詠んだ歌を、和歌ログにもアップしてある (参照)。

暑いときに南国に行くのも、なかなかいいものである。

|

« 水無月二十八日の歌 | トップページ | 水無月三十日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 水無月二十九日の歌:

« 水無月二十八日の歌 | トップページ | 水無月三十日の歌 »