« 文月十七日の歌 | トップページ | 文月十九日の歌 »

2006年7月18日

文月十八日の歌

消え去りて久しきものの影なれば球磨川に沿ふ城跡青し


夕方に熊本県の人吉についた。まず鹿児島空港に来て、そこから高速バスで人吉まで約一時間である。

曇り時々雨という予報だったが、着いてみると案外日が射していて、球磨川のほとりの人吉城跡まで散歩すると、首筋がヒリヒリするほどだった。

この人吉城は、平成十八年の日本百名城に選ばれたそうだ。

残念ながら、城跡に建つ歴史館は、本日休館。そればかりではない。夕食を取ろうと思っても、街のメシ屋 (蕎麦屋、うどん屋含む) は、軒並み四時半か五時を過ぎると閉店で、後は居酒屋しか開いていない。

同行のカメラマンは酒を飲まないので、コンビニで弁当を買ってホテルの部屋で食うという。こちらも一人で飲んでも仕方がないので、どうでもいいラーメン一杯でお茶を濁す。この街は、日が暮れると何もなくなる。

幸い、ホテルには天然温泉の大浴場があるので、のんびり風呂に入って、明日に備えることにする。

|

« 文月十七日の歌 | トップページ | 文月十九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月十八日の歌:

« 文月十七日の歌 | トップページ | 文月十九日の歌 »