« 文月六日の歌 | トップページ | 文月八日の歌 »

2006年7月 7日

文月七日の歌

薄紅のマジョラムの花蜜蜂を呼びて行き交ふ羽音かそけし


060707

世の中では、今日が七夕だといっているけれど、七夕を月遅れで祝う東北出身の私としては、そんなことを言われても、違和感の固まりになるばかりだ。

有名な仙台の七夕祭りにしても、月遅れの八月七日で実施される。土台、梅雨も明けないうちから七夕だなんて言われても、織姫と彦星に気の毒なことである。

何度も書いたことだけれど、本来の七夕は夜が長くなって、少しは涼しい風の吹き始めた頃という季節感の行事である。それは、元々、旧暦の七月七日に祝われたからだ。

で、今年の本当の七夕はというと、ちょっと珍しいことに、二度あるのである。今年の旧暦は七月と閏七月があり、つまり、七月が二度あるので、七月七日も二度あるのだ。織姫と彦星は、今年は二度デートができる。よかったね。

我が家の玄関先のマジョラムに、蜜蜂がたくさんきて蜜を吸っている。

|

« 文月六日の歌 | トップページ | 文月八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 文月七日の歌:

« 文月六日の歌 | トップページ | 文月八日の歌 »