« 文月三十一日の歌 | トップページ | 葉月二日の歌 »

2006年8月 1日

葉月一日の歌

この午後も日射しの戻らざりければまだ見ぬ琉球の空をし思ふ


昨日同様に、朝は涼しい。我が家の娘たちは 「寒い」 などと口走る。いくら何でも、寒くはないだろうと思うが、今どきの娘は体脂肪が少ないようで、暑さに慣れた体には、少々寒く感じるのかもしれない。

大阪の知人と電話で話す機会があったのだが、西日本は既に 「すっかり夏でっせ」 ということだ。

どうやら、東海から北陸に縦断するラインがあって、その西と東で、極端に天気が違っているらしい。最近、毎年夏になると西日本は猛暑になってしまうようで、気の毒なことである。

翻って東京は、曇り空だ。昼になれば、暑くないというわけではないが、外を歩いても大して汗はかかずに済む。

ところで、お盆前に沖縄に出張することが決まった。沖縄は初めてである。ある意味、アメリカにいくよりわくわくする。

|

« 文月三十一日の歌 | トップページ | 葉月二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月一日の歌:

« 文月三十一日の歌 | トップページ | 葉月二日の歌 »