« 葉月二十三日の歌 | トップページ | 葉月二十五日の歌 »

2006年8月24日

葉月二十四日の歌

朝まだき猫ならぬ身も輝ける狗尾草 (エノコログサ) の穂に戯れゐたし


今朝は常磐線の信号機故障で、普段は一時間半で都心に着けるのだが、二時間半かかった。

普段よりやや早めに家を出て、途中で朝日を受けて逆光に輝くネコジャラシなんぞを撮影して、いい気持ちになっていたのだが、その後が難行苦行になってしまった。

並みの信号故障ではなかったようで、信号機を交換している間、電車をいちいち手信号で通しているという。だから、その付近を通り過ぎるときは最徐行になるので、他の電車もみなあおりを受けて、動いたり止まったりとなった。帰りは復旧していてもらいたいものだ。

それにしても、ネコジャラシを逆光でみると、思いのほかきれいなものだった。ちなみに、ネコジャラシは通称で、正式の和名は 「エノコログサ」 というそうだ。

漢字では 「狗尾草」 と書くようで、イヌコロの尾ということだろうか。それはそれでイメージどおりである。

|

« 葉月二十三日の歌 | トップページ | 葉月二十五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十四日の歌:

« 葉月二十三日の歌 | トップページ | 葉月二十五日の歌 »