« 葉月二十日の歌 | トップページ | 葉月二十二日の歌 »

2006年8月21日

葉月二十一日の歌

蝉時雨聞き飽きてこそ夕立も雷もなく日は暮るるなれ


平成十五年十二月に一日一首の和歌ログを開始し、我ながら驚くべきことに、一日も休まず歌を詠み続けて、三十三ヶ月目に入っている。

このままのペースでいけば、二十七日の日曜日に一千首目となる。というわけで、今日の歌は九百九十四首目だ。

今日も朝から暑い日射しが照り注いで、午後は夕立や雷が心配されたが、そんなこともなく、日が暮れかかっている。

さすがに、夕方の六時を過ぎると、だんだん暗くなる。七時を過ぎても明るかった七月とはかなりの違いで、ようやく秋が来るのだと実感される。

とはいえ、今週末までは厳しい残暑が続くと予想されていて、明日は旧盆過ぎで初めて都内に出かける予定だが、たっぷりと汗をかくことになるだろう。

|

« 葉月二十日の歌 | トップページ | 葉月二十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 葉月二十一日の歌:

« 葉月二十日の歌 | トップページ | 葉月二十二日の歌 »