« 長月二十日の歌 | トップページ | 長月二十二日の歌 »

2006年9月21日

長月二十一日の歌

無花果の実は青くしてこりこりと割るる気配もみせず日を受く


今朝、取手駅に向かう近道の路地で、イチジクの木に青い実がついているのを見つけた。へぇ、急に暑くなったりはしても、やっぱり少しずつ秋に近づいていたのだ。

今日は関連の某団体事務局にきて業務をしているのだが、このオフィスの電話とファックスは、NTT東日本の 「ひかり電話」 に切り替えたばかりで、三日前からの例の回線不具合の被害をもろに蒙っている。

何しろ、電話をしても二度に一度しかつながらないのだ。三日前はもっとひどく、全然つながらなかったが。受信の場合も、こちらが出ると 「あぁ、ようやくつながった!」 なんて言われて、なんだか恐縮してしまう。

我が家でも IP 電話 (まだADSLだが) に切り替えようかと思っていたが、どうやら、これはまだ発展途上の技術のようなので、急いでやることはないと思い始めた。

ところで、あと数時間で、本宅サイトの 「地のヴァーリトゥード」 が二十万ヒットを記録しそうだ。自分でキリ番を踏まないように気をつけなければ。

|

« 長月二十日の歌 | トップページ | 長月二十二日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十一日の歌:

« 長月二十日の歌 | トップページ | 長月二十二日の歌 »