« 長月七日の歌 | トップページ | 長月九日の歌 »

2006年9月 8日

長月八日の歌

一つづつまた一つづつ柿の実は風吹くごとに赤くなりゆく


涼しいような、しかし、少し動くと蒸し暑いような、晩秋と初夏との移り目の、微妙な陽気である。

今年の春先に中断していた裏の川の拡幅工事が、少しずつ再開されている。春と夏の間は、農業用水の関係で川の水量が増えるし、農作業のじゃまになるので、続けられなかったんだろう。

長らく田んぼだったところを、工事機械でがしがし掘りまくっているので、風向きの加減で、えもいわれぬ田舎の臭いが漂ってくる。しばらく我慢しなければならないみたいだ。

土手の側に生えている柿の木は、実がだんだんと色づいてきている。

|

« 長月七日の歌 | トップページ | 長月九日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月八日の歌:

« 長月七日の歌 | トップページ | 長月九日の歌 »