« 長月十二日の歌 | トップページ | 長月十四日の歌 »

2006年9月13日

長月十三日の歌

秋雨の新幹線の下くぐる陸羽東線はひつそりと暮る


0609131

宮城県に出張してきている。今年春の市町村合併で、大崎市という名前になったところだが、以前の古川市と言った方が、まだ通りはいいかもしれない。

大崎市という名前の由来を聞いたら、この辺り一帯は、古くから大崎地方と言われていたのだそうだ。ササニシキの本家本元である。

関東を覆っていた雨雲は、東北まで広がっていて、私の晴れ男伝説にブレーキがかかった。昼前に東北新幹線古川駅の涼しいホームに降り立ち、下をみると、道路にかなりの水溜りができている。

しかしながら、雨は小糠雨程度の降りで、それも降ったり止んだりしている。傘をさすほどのこともない。どうやら、朝までにはかなり降っていたらしいが、私の着くお昼前になって、ずいぶん小降りになってしまったようだ。

晴れはしなかったが、雨の止み間を縫って屋外撮影も辛うじてこなせたし、実際の仕事にはほとんど影響がなかったということで、今回もお天気の神様に感謝である。

明日は朝から都内で仕事なので、今日はいそいそと日帰りだ。

|

« 長月十二日の歌 | トップページ | 長月十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月十三日の歌:

« 長月十二日の歌 | トップページ | 長月十四日の歌 »