« 長月四日の歌 | トップページ | 長月六日の歌 »

2006年9月 5日

長月五日の歌

竹の生す斜面に沿ひて朝の日の秋の角度で射す頃となりぬ


天気予報では、暑さと湿度が戻って、ムシムシの陽気になるということだったが、昼に外を歩いてみたところでは、暑さしか戻っていない。

もしかしたら、夕方に気温が下がってから、相対的に湿度が上がってムシムシしてくるのかもしれない。

朝、取手駅近くに借りた駐車場から駅に向かう道、斜面が竹林になっているところがある。夏以外の季節は、斜面に沿って朝日が差し込んでくるのがきれいなのだが、ようやくそんな季節になったようだ。

日が斜めに射すようになったことが、うれしい。

|

« 長月四日の歌 | トップページ | 長月六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月五日の歌:

« 長月四日の歌 | トップページ | 長月六日の歌 »