« 長月二十四日の歌 | トップページ | 長月二十六日の歌 »

2006年9月25日

長月二十五日の歌

見上ぐれば毬藻の如き栗のいが毬藻はいがの如き藻にして


道ばたに栗林がある。栗の栽培の果樹園だ。夏頃には栗の花がさいて、独特の青臭い臭いを発していたが、今は栗の実がなり始めている。

栗のイガは、青いうちは注意してみないと案外目立たない。しかしよく見れば驚くほどたくさんのイガが枝についている。

見上げると、栗のイガは青空をバックにしてマリモのように見える。思えば、マリモは、「毬藻 (イガ藻)」 と書く。なるほどと感心する。

地面を見ると、これもまた驚くほどたくさんのイガが落ちている。しかし、中身の実はほとんど取られているので、拾っても仕方がない。

ちなみに、栽培されているわけではない野生の栗は、鳥についばまれてしまって、人間の口には入らないことが多いらしい。

|

« 長月二十四日の歌 | トップページ | 長月二十六日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 長月二十五日の歌:

» まりも [まりも]
  [続きを読む]

受信: 2006年10月 1日 11時53分

« 長月二十四日の歌 | トップページ | 長月二十六日の歌 »