« 神無月三日の歌 | トップページ | 神無月五日の歌 »

2006年10月 4日

神無月四日の歌

真直なる夏色消えし野の宵に狂ほしきまで曼珠沙華咲く


いつもの年より花が遅れ気味だった彼岸花が、秋の彼岸を過ぎて、ようやく増えてきた。

写真は、夕方の帰宅途中に、土手の斜面に密生しているのを撮ったもの。フラッシュを使わずに撮った方は、光の加減は自然でいいのだが、手ブレしていて使い物にならなかった。残念。

彼岸花が彼岸を過ぎて咲くのは、他の植物との競合を避けているのだと聞いたことがある。春から夏にかけては、植物にとって最もエネルギーを吸収しやすい季節だが、それだけに、多くの花がどっと咲こうとして、大変な競合状態になる。

彼岸花など、秋から冬にかけて咲く花というのは、こうした激しい競合の時期を避けているらしい。夏に比べたらちょっと条件は悪いけれど、他と争わなくても済むタイミングを選んでいるわけだ。

夏に咲く花の色は、黄、ピンク、白、橙など、素直な明るい色が多い。そうした色が消えてから現れる彼岸花は、それまで堪えていた鬱積を発散させるように、物狂おしいほどの赤さだ。

|

« 神無月三日の歌 | トップページ | 神無月五日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月四日の歌:

« 神無月三日の歌 | トップページ | 神無月五日の歌 »