« 神無月三十日の歌 | トップページ | 霜月一日の歌 »

2006年10月31日

神無月三十一日の歌

故郷の銀杏は既に黄に染まり落ち葉となりて地を覆ふらむ


十月も今日で終わり。明日からは十一月だが、毎年今頃の季節になると、私の体内季節感は、実際の陽気とのズレにちょっと戸惑い気味になってしまう。

故郷の庄内を出て東京で学生生活を始めてから、もう三十五年近くも関東に住んでいるのに、私の体内季節感は、地球温暖化が顕著になる前の東北にセットされたまま、まともにアジャストされていないようなのだ。

だから、十月末ともなれば相当に肌寒いはずだと、潜在意識の中で思い込んでいる。実際は、昨日などはもう少しで夏日になりそうなほど暖かかったのだが。

神田の街を歩いていると、イチョウ並木がまだ緑色を葉をつけていることが、まず違和感の源だ。十月末ともなれば、銀杏の木の下は、黄色の落ち葉で一杯になっていなければならないのにと、どうしても思ってしまう。

|

« 神無月三十日の歌 | トップページ | 霜月一日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月三十一日の歌:

« 神無月三十日の歌 | トップページ | 霜月一日の歌 »