« 神無月六日の歌 | トップページ | 神無月八日の歌 »

2006年10月 7日

神無月七日の歌

大雨の二日続きて過ぎぬれば曙の如く鳥たちは鳴く


一昨日から降り続いた大雨も、朝になってようやく止んだ。鳥たちがようやく早朝を迎えたように、一斉に鳴き始めた。

川の水は膨れあがり、かなりの勢いで流れている。下流で小貝川に注ぐところの機場が、ポンプをフル稼働させているのだろう。このポンプが止まってしまうと、大変なことになる。

川幅の拡張工事で、反対側の土手の向こうを掘り下げる工事をしているのだが、この雨で、土手の向こうにもう一つ川ができたようになっている。 いや、水は流れていないので、川というより、長細い池か。

その中で、パワーショベルのキャタピラが半分水没している。ポンプで排水するのが大変だろう。

ただ、工事が完成したら、この川の幅は、あの水のあるところまで広がるのかと、実感を持って認識できた。ああなったら、もはや 「小川」 ではない。

我が家のすぐ裏手に、結構広い川が出現してしまうわけだ。

|

« 神無月六日の歌 | トップページ | 神無月八日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月七日の歌:

» 台風じゃないの?すごい大雨だった(T_T) [子育てブログ 愛情一杯ママの奮闘日記]
台風じゃないの?すごい大雨だった(T_T) 昨日の大雨は半端じゃなかったよ〜。 朝子供達を保育園に送っていったときは、まだまだ序の口だったけど、会社についてからは、どんどんひどくなってきて・・・。 うちの会社はプレハブよりちょっとマシかな?っていう建物...... [続きを読む]

受信: 2006年10月 7日 10時37分

« 神無月六日の歌 | トップページ | 神無月八日の歌 »