« 神無月二十二日の歌 | トップページ | 神無月二十四日の歌 »

2006年10月23日

神無月二十三日の歌

半月を晴れ続けたる秋空に雲広がりてコスモスは揺る


昨日の夜から、天気のベースが大きく変わった。雨が降り出し、夜の間はかなり強く振ったようだが、朝には小降りになっていた。

しかし、冷たい風が強く、気温がほとんど上がらない。町内の一斉草刈りは、昨日で正解だった。秋はいよいよ深まったようである。

近所の休耕田に飢えられたコスモスが、風に大きく揺れている。

先日、京都の大原に行ったとき、「大原のコスモスは大きいなあ」 と感じたのだが、地元に帰ってみると、地元の花も十分に大きい。花の大きく咲く品種なのだろうか。

|

« 神無月二十二日の歌 | トップページ | 神無月二十四日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月二十三日の歌:

« 神無月二十二日の歌 | トップページ | 神無月二十四日の歌 »