« 神無月十五日の歌 | トップページ | 神無月十七日の歌 »

2006年10月16日

神無月十六日の歌

それぞれの目的あれど自動車は首都高速に捕らはれてゐる


朝から東京都内に出てきている。今日のように陽気がいいと、ありがたい。外を歩くと暑いぐらいだが、湿度が低いので爽やかだ。

神田近辺は、路上禁煙区域なので、舗道の植え込みの根元などに決まって見られる吸殻のゴミがない。それもまた気持ちがいい。

昭和通りの上を首都高速が走っている。午前中は月曜日とあって混雑していたが、午後からは少しは流れがスムーズになってきたようだ。ガードレール越しに、大型車の屋根がゆっくりと動くのが見え、それと知られる。

昨日、ちょっと風邪気味のような気がしていたが、朝には大分回復したような感じがしていた。しかし、午後三時過ぎから、またちょっと微熱っぽい感覚で、日陰に入るとぞくっとしたりする。早めに帰って風呂に入って寝るとしよう。

|

« 神無月十五日の歌 | トップページ | 神無月十七日の歌 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 神無月十六日の歌:

« 神無月十五日の歌 | トップページ | 神無月十七日の歌 »